Interview

with the
artists

with the artists

Nopiyaka Kozue

Nopiyakakozue

漫画づくりを
みんなが
支えてくれる場所。
他ジャンルの
アーティストにも
触発されます。

のぴやか梢さん

熊本県
熊本市出身

Question 1

なぜ
アーティストビレッジ
阿蘇096区に
入居されましたか?

入居する前は、熊本市内にある「コアミックスまんがラボ」でアルバイトをしながら漫画を描いていました。大学時代から漫画賞への投稿をしていた私に、ラボ開設の広告を見た母がすすめてくれたことがきっかけです。漫画に近いところで働ける上、持ち込みもできる環境に惹かれました。

そこで働いていた2021年1月に、入居についてお声がけいただいたんです。施設の説明を受けて、生活費の心配なく漫画に没頭できるのはいいなと思ったのと、実家を離れて一人暮らしをしてみたい気持ちもあったため、施設とその敷地内にある住居棟の様子を見てみようと2月に下見に訪れました。

阿蘇の高森町にある施設に下見に来てみると、暮らすには申し分のない設備が住居棟には整っていました。一つの棟に6人住める作りで、寝泊りする個室に加え、共有のリビングやシャワー室があります。リビングにある大型テレビや、高機能のドラム式洗濯機が自由に使えるのも便利です。
うれしかったのは、床暖房。私が住んでいた熊本市内に比べ、阿蘇にある高森は気温が低いので、冬から春の寒さに慣れていない私にはありがたいです。

食事は、プロの料理人が栄養を考えて3食用意してくれることに驚きました。ここに入居してからは、おいしくて食欲が増し、太り気味です(笑)。これまで苦手だった食べ物も、おいしいから食べることができており、おかげさまで体調を崩すことなく過ごせています。

Question 2

漫画を描く
環境としては
いかがですか?

漫画を執筆するアトリエは施設の2階にあり、他の机との仕切りもちゃんとあるので、自分の世界に没頭できます。
行き届いているなと思ったのは、自分用に用意してもらった作業用の机が大きいこと。資料を広げて描きたいとき、スペースがあると便利です。原稿を机に置いてインクを乾かしながら別のページにペンを入れることもあるので助かっています。私はいま手描きですが、アトリエにはデジタルの設備が導入されているので、作品や用途に応じてこれから使い分けていこうと思っています。

食事のときや休憩時、1階に下りると、稽古中の劇団員の声や和太鼓の音がレッスン室から聞こえることがあります。それは、私にとって刺激になっています。ジャンルは異なりますが、表現や創作に真剣に取り組む仲間が同じ空間にいることが、自分を励ましてくれる。それはここに入居して活動することで初めてわかったことでした。

Question 3

一日の過ごし方を
教えてください。

朝は7時に起きて、10時にアトリエに来ます。ふだんは夜の9時に閉まるまで漫画を描いていることが多いです。執筆を終えて住居棟に戻ったら、テレビを観たり入浴したりしたあと、夜の11時か12時に寝ます。周囲にあるのはキャンプ場や町営のグラウンドなので、騒音もなく、静かに眠れています。実家にいるときは乱れがちだった一日のリズムも、ここに来てからは整いました。

休みの日は、日用品の買い物に出かけたりして過ごしています。施設には使ってよい自動車や自転車が複数あります。

Question 4

今後の目標は
ありますか?

ここで漫画づくりの腕を磨いて、将来的に作品の連載をすることです。

Question 5

入居を
考えている人に
メッセージを
お願いします。

知らない場所で知らない人と暮らすのは、勇気がいると思います。私もそうでした。けれども、思いきってここに来てみたら、みんなが支えてくれる場所であるとわかりました。編集者さん、施設に常駐してサポートしてくれるスタッフさん、そして劇団員のみなさんが、打ち込める環境を作ってくださっています。

入居したら、かかるお金は日用品代くらいです。家賃や光熱費の支払いもありませんので、生活に関わるあれこれに時間を取られると悩んでしまう私にはぴったりでした。食事も含め、創作に打ち込むための基盤がしっかりしているので、この環境に興味のある方は一度見学にいらしてみませんか?

のぴやか梢さんが投稿し、
第2回コアミックス九州まんが賞
ストーリー部門優秀賞を
受賞した作品

『小人の生活』

『小人の生活』

試し読みhttps://comic-zenon.com/episode/10834108156755282141

熊本市内の
鶴屋百貨店にある

「コアミックス
まんがラボ」

「コアミックスまんがラボ」

試し読みhttps://mangalab.jp/

Go top

Yorifuji

Yorifuji

漫画の仕事を
わかり合える仲間がいる。
遠回りしたけれども、
ここに来られて
よかった。

ヨリフジさん

熊本県
熊本市出身

Question 1

なぜ
アーティストビレッジ
阿蘇096区に
入居されましたか?

「コアミックス九州まんが賞」に入賞したご縁で、この施設を運営するコアミックスから、ここを拠点に活動する096k熊本歌劇団を漫画に描く仕事を依頼いただいたからです。歌劇団を取材しながら描くことになるため、同じ空間で過ごしているほうが仕事をしやすいかもと思いました。2020年末にお話をいただいたあと、翌年2月に視察に訪れ、入居を決めました。

実はアーティストビレッジのある場所が町営の温泉施設だった頃、ここに来たことがあります。私は生まれ育ったのは熊本市内なのですが、いまは近所に実家があるため、家族で訪れていました。知らない場所ではなかったことも、入居を決断できた理由かもしれません。4月16日からここで暮らし始めました。

Question 2

漫画を描く
環境としては
いかがですか?

アトリエには個人用の大きな机とデジタル設備があるので、漫画の仕事をしやすい環境と思います。インターネットの通信環境も整っているため、東京にいるコアミックスの編集者とのやりとりも不自由さはありません。

なによりもいいなと思ったのは、同業者が同じ環境にいることです。漫画の仕事は特殊なため、親しい友人であっても理解してもらうのは難しく、孤独です。でもここには、漫画の仕事の機微をわかり合える仲間がいる。そういう環境は、私にはありがたいです。

住居棟も快適です。自室のほかに共有のリビングがあり、高機能の洗濯機や大型テレビ、シャワーが設置されていて、住みやすいです。光熱費も負担せずに済みますので、一人暮らしをしていた頃と比べて生活しやすい環境です。

食事も、ここではプロの料理人が3食用意してくれるので、規則正しく摂ることができます。以前は締め切り前の忙しい時期は食べなかったりしましたが、ここに来て食生活が変わりました。

Question 3

一日の過ごし方を
教えてください。

ふだんは10時くらいにアトリエに来て、仕事を始めます。没頭して描いているので、食事の時間以外は施設が閉まる21時直前まで描いていることが多いです。
休みの日は日用品の買い物に出かけたりして過ごしますが、住居棟の自室で描くこともあります。

Question 4

今後の目標は
ありますか?

あせらず、息の長い活動をできればと思っています。096k熊本歌劇団に関する連載のほか、コアミックスの「月刊コミックゼノン」に読み切り作品を依頼いただきました。ここにいることでいただける機会を大事にしていきたいです。

Question 5

入居を
考えている人に
メッセージを
お願いします。

私はいま、一人暮らしの頃と比べて、お金や生活の心配のない環境で漫画執筆に集中できています。
中学生のときに、同人活動をしている友人に誘われたことが、画材を揃えて漫画を描き始めたきっかけでした。その後も描き続け、いつか漫画を仕事にできればと思っていた私にとって、漫画を依頼してもらえる点でも、幸せな環境です。ここに来るまで遠回りしたけれども、来てよかった。漫画を仕事にしたいと思っている人にすすめたい。そんな魅力的な場所です。

ヨリフジさんの入居の
きっかけとなった連載

『南阿蘇で女の子25人と
共同生活するとか
意味がわからない
-096k熊本歌劇団の
過激で愉快な日常-』

『南阿蘇で女の子25人と共同生活するとか意味がわからない -096k熊本歌劇団の過激で愉快な日常-』

試し読みhttps://comic-zenon.com/episode/3269754496324166374

Go top

Coming soon

Coming soon

Coming soon